人気ブログランキング |

2012年 03月 16日 ( 2 )

日本のスミレ類のなかでは早咲きのほうである。
花弁が波うちすっきり開かないことが多く花にはよい香りがある。
距はぼってりしている。
萼片の先があまりとがらない。
花柱の先端がかぎ状に曲がるのがこの仲間の特徴。
(タチツボスミレの柱頭はほぼまっすぐで先端がふくらみも曲がらない)
葉は心形でふかふかした毛が生える。
展開前の葉が両側から巻くようにたたまれている。
d0168292_17471326.jpg
d0168292_17472128.jpg
d0168292_17473184.jpg
d0168292_17474127.jpg
d0168292_17475151.jpg

by katsu-makalu | 2012-03-16 17:48
環境省カテゴリ:なし
都道府県のRED指定状況=長野:絶滅危惧Ⅱ類

別名イタチジソ。
茎は四角形で開出した粗い毛がある。
葉は対生し、縁に鋸歯がある。
葉腋に淡紅紫色花を群生し萼は筒鐘形で先は五裂・鋭い針状となる。

'11.7.8 南信州
この日はエゾスズランを見たあとネット情報で南信州へ
d0168292_17262776.jpg

d0168292_17265395.jpg

  
by katsu-makalu | 2012-03-16 17:29