人気ブログランキング |

2012年 03月 15日 ( 2 )

今週末は大久保地区で節分草祭りがおこなわれる、大変な人出となることだろう。
あとの予定があってアズマイチゲやネコノメソウは確認しないで帰った。

いつも見る場所でのセリバオウレンは咲き始め、シュンランはまだかなり先になりそうだ。
d0168292_1362477.jpg
d0168292_1364212.jpg
d0168292_1365469.jpg

by katsu-makalu | 2012-03-15 18:10
環境省カテゴリ:なし
都道府県のRED指定状況=奈良・兵庫:絶滅危惧Ⅰ類、鳥取:絶滅危惧Ⅱ類

コメバツガザクラは,高山の岩場や礫地に生える常緑小低木。
葉は楕円形で主脈が目立つ。
スノキ属のコケモモもよく似ているが、コメバツガザクラの花冠はつぼ状に先が細くなるのに対して、コケモモは細くならない。

'11.6.15 八ケ岳
現役で登山をしていたときは、当然しょっちゅう目にしていたが、これをコメバツガザクラと認識して写したのは初めてであり、以前は秋にその実を摘んだコケモモとの区別が出来なかった・・・。
d0168292_12575536.jpg
d0168292_1258510.jpg

by katsu-makalu | 2012-03-15 17:55