2012年 02月 29日 ( 1 )

環境省カテゴリ:絶滅危惧ⅠB類(EN)
都道府県RED指定:滋賀・兵庫・岡山:絶滅危惧Ⅰ類

分布は近畿地方の一部。
シロカネソウ属中で比較的丈夫で大きく花も大きい。
花弁のような萼片は5個で色は黄白色、直観的にはトウゴクサバノオと同じであるが大きさは5倍くらい。
蜜腺化した花弁は黄色で5個
茎の下葉は互生し基部にはひくい托葉がある3出複葉
上部の葉は対生し托葉は2枚が合生する
この名前から考えると鯖の尾に見立てた袋果の形に因る

'11.4.24
先ず初めの場所はモミジチャルメルソウとキバナサバノオがあるとの記述を頼りに一つ目の谷、この谷は荒れていて2時間半歩いて、ネコノメソウ4種とイカリソウ・スミレが少々で二つとも見つからず、
モミジチャルメルソウは諦めて、キバナサバノオが確実にあるという谷へ移動してすんなり見つけた。
d0168292_1403536.jpg

'11.5.2
この日は野草仲間が同行した。
d0168292_141483.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2012-02-29 17:51 | Comments(2)