シラタマホシクサ(1)

環境省カテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
都道府県のRED指定状況

花茎の先端に小さな花を付け、白色の短毛が密生して白い玉のように見える。
一面の群落を天の川と表現する人もいる。
背丈は20-40 cm程度、頭花は多数の小花で構成され、雄花と雌花がある。
花期は8月下旬-10月。
晩秋になるまで白い金平糖のような花が見られ、「金平糖草」とも呼ばれる。

土・日と別の場所二ヶ所でシラタマホシクサを見てきた。

d0168292_19152758.jpg
d0168292_19154870.jpg
d0168292_19155925.jpg
d0168292_19161220.jpg
d0168292_19162680.jpg
d0168292_19163999.jpg
d0168292_19165591.jpg

この小さな湿地ではまだ蕾状態で個々の花は星にはなっていなかった。
[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-10 17:00 | Comments(0)