「ほっ」と。キャンペーン
八ヶ岳エコーラインから樹氷が見れたらと、ピラタス蓼科スノーリゾートへ向かう。
観光バス10数台が停まる駐車場まで上るも、気温が高く樹氷は・・・・

昼食にかの有名な釜飯を食べる。
ヒョットしたらと思って係員にお聞きすると「今朝の新聞に3本出来ている・・・」
諏訪湖畔のふるさと画家・原田泰三美術館の駐車場に入れ、200mほど歩いたところに出来ていた。


今朝の中日新聞に 
d0168292_14551636.jpg
 「御神渡り」認定


八剣神社氏子ら拝観式の記事があった。






TVニュースや写真等の映像で見ていたが、残念ながら予想より高さがなかった。
もっとせりあがっているのをイメージしていたが、この暖かさでは仕方のないことと・・・。
見れただけで良しとしよう。
d0168292_23274862.jpg
d0168292_232817.jpg
d0168292_23281286.jpg
d0168292_23283980.jpg
d0168292_23285894.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-26 17:09 | Comments(0)
一昨日の朝、気付くと太陽柱が・・・
あわててカメラを構えたが、レンズは花を撮ったままの70㎜マクロ。

日の出直前
d0168292_18202818.jpg

日の出
d0168292_1821359.jpg

日の出直後
d0168292_18213863.jpg

               目で見たままに写すのは難しい・・・
[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-21 18:25 | Comments(0)
三連休の中日、知人の所要に付き合って奥三河へ出かけた。
本来なら寒い奥三河であるが、この日は8℃とか9℃の表示が出ていた。
用件を済まして、段戸湖が凍っていないだろうかと向かう。

キレハヒメオドリコソウ
 途中ひょっとしたらと寄り道をした、ここは標高約450㍍でいずれダムに沈む所。
d0168292_17513942.jpg

峠の手前の川が凍っているのを見つける。
流れが凍っているのではなく、川の縁が凍ってその上に雪が積もっている。
d0168292_17581982.jpg
d0168292_17583282.jpg

氷は地形と流れによって様々な顔をしている・・・。
d0168292_1812035.jpg
d0168292_1813186.jpg
d0168292_1814160.jpg
d0168292_1815344.jpg
d0168292_182751.jpg
d0168292_1821998.jpg
d0168292_1823387.jpg
d0168292_182445.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-17 18:03 | Comments(0)
実家の茅葺き屋根は入母屋造りで、太い大黒柱も煙に燻されて黒光りしていた。
それも甥っ子の代になって今様の住宅に建て替えられてしまった・・・。

近畿地方に多いと言われる入母屋造りは特に形が整って美しい。


雪囲い
波板の雪囲いが多い中で茅の雪囲いは風情がある。
d0168292_1048128.jpg

オンザロックにしたら…
d0168292_10493857.jpg

ころころと・・・
好天に雪解けが進む。
d0168292_10504135.jpg

妻側の破風口が目立つ
家紋を彫るなど様々な意匠が見られる。
d0168292_10514952.jpg

茅葺のお宅でも蔵は瓦葺
蔵の奥にみえる破風口には「水」の文字が見える。
d0168292_10542383.jpg

「ク」の字もスッキリ
日陰によって際立っている。
d0168292_10561216.jpg

出番を待つ
d0168292_10565945.jpg

春を待つ
d0168292_10574099.jpg

d0168292_10582328.jpg

人影もまばらでそこに生活する人と話す機会もなく、家屋の中を拝見することも出来なかったが、ものさびしさを感ずる一方で郷愁に誘われるひと時であった。
[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-16 17:09 | Comments(0)
土へ還るまえの姿に、厳しい寒村を想う・・・

うら寂しい廃屋
d0168292_1739559.jpg

このまま待つのか、潰れるのを・・・
d0168292_17474753.jpg

壊れかけた二階に自然界の営みが・・・
d0168292_17405770.jpg

枯れてなお最後のときを待つ
d0168292_17414828.jpg

蔦って頑張る・・・
d0168292_17424657.jpg

寒さにもめげずに・・・
いつの日にか弾けることが出来るのだろうか・・・
d0168292_1745762.jpg
d0168292_17451825.jpg
d0168292_17453556.jpg

この山里のこれらの風景に、ものさびしさを感ずるのは私だけか・・・
[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-15 17:52 | Comments(0)
茅葺屋根といえば世界遺産に登録された、飛越地方の白川郷・五箇山の合掌造り集落があまりにも有名である。

白川郷や五箇山はもちろん、京都・美山も訪れ東北旅行のとき曲屋なるものを見学したこともある。
湖北に近いこの地に茅葺の集落があることは以前から知っていた、無目的に近い今回の310歳Gのドライブで急遽訪れた。

萱葺き屋根の残る集落はいずれも雪深い場所で、古き良き日本の原風景の色濃く残る山里である。

そして何より私にとっては郷愁の思い出がある、子供のころ住んでいたのは囲炉裏があり、堀こたつ・土間・くど・農耕用の牛が同居する茅葺の家屋であった。                                                                       
d0168292_2030198.jpg

もっと雪深い集落と思っていたが、このところの暖かさで意外と少ない・・・。
集落への道路対岸
d0168292_20342293.jpg

風の贈り物
北西方向からの季節風が吹き付けて
d0168292_20363365.jpg

あなたは誰?
点々と残る足跡は倒木の橋を渡っていた
d0168292_20373981.jpg

行きつ戻りつ
道に迷ったのか・・・
d0168292_20384134.jpg

何を願うのか・・・
雪景色の中で赤い南天が目につく
d0168292_20451972.jpg
d0168292_20453288.jpg
d0168292_20454647.jpg
d0168292_2046360.jpg
d0168292_20461575.jpg

                                    ('13.1.12)

茅葺まめ知識

南天豆知識
[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-14 20:52 | Comments(2)
元旦の初日の出ならず初落日
同じような画像ばかりであるが、落日寸前から完全に落ちるまでを
d0168292_16441823.jpg
d0168292_16442745.jpg
d0168292_16445545.jpg
d0168292_16451398.jpg
d0168292_1645432.jpg
d0168292_16462781.jpg
d0168292_16463635.jpg
d0168292_16465443.jpg
d0168292_16471095.jpg
d0168292_16472773.jpg
d0168292_16474155.jpg
d0168292_1647581.jpg
d0168292_16481511.jpg
d0168292_16484332.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-05 15:09 | Comments(0)
ハギクソウを見たあと夕日の撮影ポイントへ向かう。
伊良湖とはいえここは太平洋側、ロングビーチと呼ばれている場所である。

落日前に波打ち際が茜色に、そこでは幼い兄妹が波と戯れていた。
d0168292_16562437.jpg

おにいちゃ~ん 波がくるよ~
d0168292_16563763.jpg
d0168292_1657226.jpg
d0168292_16572281.jpg

くるよ くるよ~
d0168292_16574619.jpg
d0168292_1658486.jpg

にげろ~
d0168292_16581998.jpg
d0168292_16583539.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-04 15:09 | Comments(0)
地下鉄藤ヶ丘駅近くに「御膳所・櫻」という小さな和食のお店がある。
4人で310歳のメンバーのお一人がこのお店の常連で、夕陽を撮りに行った帰りに二度ほど同行した。

常連さんがこのお店のアルバイトの女子大生二人を、ラグーナ蒲郡のイルミネーションを案内がてら、伊良湖の夕陽に行かれると聞いて同行した。

d0168292_20421720.jpg
d0168292_20423035.jpg
d0168292_2042444.jpg
d0168292_2043542.jpg
d0168292_20432288.jpg
d0168292_20434768.jpg
d0168292_2044618.jpg

この日も海に沈む夕陽は見れなかった・・・・。
d0168292_20452454.jpg
d0168292_20454035.jpg
d0168292_2046795.jpg
d0168292_20463842.jpg


More ラグーナ蒲郡は風が強く早々に引き揚げた
[PR]
by katsu-makalu | 2012-12-31 15:09 | Comments(0)
雨は夜明け前には上がって遠くの雪山がみえた。(日の出直後に300㎜レンズで)

我が家は10階、玄関側通路から西側に鈴鹿山脈、伊吹山、奥美濃の山々、加賀の白山が見え、ベランダに出ると御嶽山が大きくみえ乗鞍や中央アルプスの頭がほんのわずかにのぞいてみえる。

藤原岳
d0168292_21422098.jpg

伊吹山の南に満月が
d0168292_2143779.jpg

濃郷白山
d0168292_21433343.jpg

加賀の白山
d0168292_2144455.jpg

御嶽山
d0168292_21443277.jpg

御在所岳・鎌ヶ岳は残念ながら雲がかかって見えなかった。
[PR]
by katsu-makalu | 2012-12-29 21:49 | Comments(0)