諏訪南ICで下りて八ヶ岳エコーラインを走る。

阿弥陀岳(2805㍍)
 八ケ岳の主峰・赤岳は阿弥陀岳の影になってみえない。
d0168292_17193610.jpg

峰の松目(2567㍍)?
 右奥が硫黄岳と思うが・・・
 硫黄岳~赤岳間が高山植物が多く、コマクサやツクモグサが見られる。
d0168292_1724410.jpg

八ヶ岳南部
 いわゆる南八ヶ岳と呼ばれている峰々、以下似たような写真ばかりで・・・
d0168292_17273475.jpg
d0168292_1727505.jpg
d0168292_17282975.jpg
d0168292_17284483.jpg
d0168292_1729020.jpg
d0168292_17291731.jpg
d0168292_17293890.jpg

青空がのぞく気配があったが、直ぐに雲がかかってしまった・・・ 
                             続きは また あした・・・
[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-24 17:34 | Comments(2)
峠から少し下ると段戸湖がある。
きららの森は県内最大のブナの原生林があり、駐車場のある段戸湖(人造湖)は夏は釣り人が糸を垂れる。
東海自然歩道のルートにもなっていて、この日も寧比曽岳(ねびそだけ・1121m)を往復してきたというグループがいた。

d0168292_16481115.jpg
d0168292_16482556.jpg
d0168292_1648405.jpg
d0168292_1648527.jpg
d0168292_1649470.jpg

湖に流れ込む川に・・・
d0168292_16492580.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-18 17:09 | Comments(2)
琵琶湖には大砲を構えた野鳥撮影の人たち、私のレンズでは・・・・。
d0168292_10355215.jpg


萱葺き屋根の集落へ行く前にメタセコイアの並木へ立ち寄る。
ここは昨年、キバナサバノオからオオバキスミレへの移動に通過しているが、助手席で居眠りしていたのかあまり記憶になかった。

交通量が意外に多く車が途切れるのを待って道路へ出る。
同じような写真ばかりであるが、機会があれば新緑のころと黄葉のころにまた訪れたい。
d0168292_10451228.jpg
d0168292_10452749.jpg
d0168292_10454079.jpg
d0168292_10455441.jpg
d0168292_10461134.jpg
d0168292_10462490.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-14 15:09 | Comments(2)
池を終わって私に運転を交代、雪景色を見たくて奥へ向かう。
スキー場手前の川が凍ってたらと期待して走るも、料金所までの様子では期待薄・・・。

軒下の印象
d0168292_18294144.jpg

日陰になった裏側には長いツララが
d0168292_18311570.jpg

雪の田んぼに陽が当りだした
d0168292_18323042.jpg
d0168292_18323835.jpg
d0168292_18324797.jpg


時間はまだ早い、琵琶湖から藁葺き屋根の残る集落へ向かって走る。
                                これは また あした・・・
[PR]
by katsu-makalu | 2013-01-13 18:42 | Comments(0)