<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

都道府県のRED指定状況
ダイモンジソウ(大文字草)に似ているが、下3弁があまり開かず花の形が「人」の文字に見える。
上3弁に黄色または紅紫色の紋(私はまだ黄色しか見たことがない)がある点もダイモンジソウと違う。

d0168292_17201387.jpg
d0168292_17202539.jpg
d0168292_17203692.jpg
d0168292_17205188.jpg
d0168292_1721376.jpg
d0168292_17212567.jpg
d0168292_17214621.jpg
d0168292_1722124.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-30 17:00 | Comments(0)
                           蛇峠山の花を一時中断して
                           今日・明日でエンシュウハグマと
                           ジンジソウを取り上げます。


3つの小花からなる頭花の裂片が風車のように同じ向きにくるりと曲がる。
わずかに桃色がかった色のものもあって、このハグマ類のなかではピカイチの見ばえのよさ。
d0168292_2314951.jpg
d0168292_23141817.jpg
d0168292_23142575.jpg
d0168292_23143342.jpg
d0168292_23144252.jpg
d0168292_23145129.jpg
d0168292_2315038.jpg
d0168292_23154957.jpg
d0168292_23161100.jpg
d0168292_23161448.jpg
d0168292_23165292.jpg


静岡県西部から愛知県東部の固有種と思っていたが、三重県で絶滅危惧Ⅰ類に指定されている。
[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-29 17:00 | Comments(2)
d0168292_17551830.jpg
花は一見アキノノゲシやハナニガナなどに似ている。
新しく出来た林道の法面の裸地に真っ先に侵入するパイオニア植物である
d0168292_17553287.jpg
d0168292_17554782.jpg
d0168292_1756059.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-28 17:00 | Comments(0)
蛇峠山と茶臼山いずれでも見ることが出来たが絵にはなりにくい場所・・・

d0168292_17501567.jpg
d0168292_17502686.jpg
d0168292_1750373.jpg
d0168292_17504746.jpg
d0168292_17505757.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-27 17:00 | Comments(2)
都道府県のRED指定状況

高嶺への道路脇で
d0168292_178986.jpg
d0168292_1781966.jpg

蛇峠山の駐車場脇で
同じ株に花弁が4枚のものがあった。
d0168292_17101659.jpg

茶臼山で
この時期にここを訪れたのは初めてだが多くの株があった。
d0168292_17213649.jpg
d0168292_17214496.jpg
d0168292_17215933.jpg
d0168292_17222057.jpg
d0168292_17223473.jpg
d0168292_17224795.jpg
d0168292_1723389.jpg
d0168292_17231844.jpg
d0168292_17233848.jpg
d0168292_1723545.jpg

来年はミヤマアケボノソウを是非見たいが、その願いは叶うだろうか・・・・
[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-26 17:00 | Comments(0)
都道府県のRED指定状況

蛇峠山では林道脇の狭い草地に
d0168292_173183.jpg

茶臼山の池の周りでは数は少ないが
d0168292_17333440.jpg
d0168292_17334752.jpg
d0168292_1734239.jpg

面の木では秋の草原に一面に群生しているさまは見事
d0168292_173684.jpg
d0168292_1736243.jpg
d0168292_17363826.jpg
d0168292_17365730.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-25 17:00 | Comments(0)
都道府県のRED指定状況

シラヒゲソウの次に向かったのはハナイカリの咲く山。
駐車場から奥の林道工事でウメバチソウやトリカブトが見当たらなくなってしまった・・・。

ハナイカリの見ごろは過ぎて花の緑の色は黄色っぽくなり、錨に見える四つの距は赤く色づいていた。
d0168292_18293443.jpg
d0168292_18295070.jpg
d0168292_1830365.jpg
d0168292_18302310.jpg


More ハナイカリの山で見たほかの花
[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-24 17:00 | Comments(0)
都道府県のRED指定状況

予想に反して雨となり途中のコンビニで買ったビニール傘をさして。
前夜知人と電話で話していて遅いのではと危惧していたが・・・・。
d0168292_19122798.jpg
d0168292_1912407.jpg
d0168292_19125230.jpg
d0168292_1913633.jpg
d0168292_1913329.jpg
d0168292_19134654.jpg
d0168292_19135912.jpg
d0168292_19141619.jpg
d0168292_19143130.jpg

この日は蛇峠山で“海上の森を楽しむ会”の第三金曜観察会。

私が度々、海上の森自然観察会として記事にしているのは、Y先生が主宰されている海上の森を楽しむ会の観察会である。
第二水曜・第四土曜が海上の森、第三金曜が別の場所で、仕事のない時・他に行く予定のない時に気ままに参加している。

早朝出発して観察会の集合時間前に明智の森~高嶺へ行き、解散後茶臼山へと気になっている花を見に駆け巡った。

More ここでのもう一つの楽しみはツルリンドウ
[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-23 17:00 | Comments(0)
環境省カテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
都道府県のRED指定状況

ブナなどの落葉広葉樹の樹幹に、コケやシダなどと一緒に着生している。
草丈5~10cmの多年草。
茎は下部で枝分かれし花枝と花をつけない枝を密生する。
葉は互生し線形で肉質でやや扁平。
花枝の先に集散状に濃黄色の花を10~20付け、裂開前の葯は赤色または橙色。

アオベンケイがベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属であるのに対し、同じベンケイソウ科であるが良く目にするヒメレンゲやキリンソウと同じマンネングサ属である。

7月にこの地を訪れたとき地元の方に駐車場脇で教えて頂いていた。
花期はお盆の頃で諸般の事情で訪れることはなかった。
アオベンケイを写し終えてその倒木を良く見ると、花期を過ぎたマツノハマンネングサを見つけた。
雨の中再びレンズ交換に車に戻る気力もなく証拠写真にもならないが敢えて・・・。

d0168292_10155177.jpg
d0168292_1016476.jpg
d0168292_10162036.jpg

この倒木にクラゲのようなキノコが
d0168292_10174922.jpg

この地域には言葉は悪いがツルシロカネソウが腐るほど群生している。
伊吹では5月に見るがまだ幾つかを見ることが出来た。
d0168292_10223668.jpg

[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-22 17:00 | Comments(0)
都道府県のRED指定状況

ブナ帯の苔むした樹上や岩上に生える。
自生地が限られている地域が多く希少になっている。
茎の高さは10~50cmで、長さ3~6cmほどの多肉質の葉が対生。
秋には茎の先に淡黄緑色の小花を咲かせ冬には地上部は枯れる。

7月に倒木に着生したラン科植物を見たが、その同じ倒木に着生していた。
駐車場に着くと生憎と雨なる。
倒木とは言えその着生した場所は高くてマクロレンズでは無理、車へ引き返して望遠レンズに交換するも情けない写真となった。

d0168292_2071162.jpg
d0168292_2072329.jpg
d0168292_2073426.jpg
d0168292_2074734.jpg
d0168292_2075852.jpg
d0168292_208159.jpg
d0168292_2083025.jpg

↑ これらの写真では花が良く分からない、検索して見ると花そのものはミツバベンケイソウと同じである。
ちなみに ↓ は昨年滋賀県で写したミツバベンケイソウ('11.9.24)
d0168292_20124599.jpg

                                         ('12.9.17)
[PR]
by katsu-makalu | 2012-09-21 17:00 | Comments(0)