「ほっ」と。キャンペーン

2010年 07月 28日 ( 1 )

昨日伊吹山三合目のユウスゲを見に行く前に醒ヶ井へ

旧中山道の宿場町醒ヶ井を流れる地蔵川のバイカモは、キンポウゲ科の水生多年草で
清流でのみ育つ
7~8月ごろに、梅の花に似た白い小花を咲かせることから『梅花藻(バイカモ)』の名が
付きました。
夏の最盛期には直径1.5cmほどの愛らしい花が一斉に川面から顔を出します、が今日
は水量が多く水面から顔を出しているのは少ない。
夏の終わりの地蔵川は、川沿いに植えられたサルスベリの花が落下して、梅花藻の白と
サルスベリの紅で彩られます。
d0168292_16582434.jpg
d0168292_16593645.jpg
d0168292_16595731.jpg
d0168292_1701646.jpg
d0168292_1704477.jpg
d0168292_171356.jpg
d0168292_1711526.jpg
d0168292_1715175.jpg
d0168292_17264.jpg

この地蔵川には「ハリヨ」が生息する。
ハリヨは 背鰭の前に3本、腹鰭に一対、尻鰭に一本のトゲを持つ魚である。
滋賀県北東部・岐阜県南西部の平地の湧水池およびその下流域を中心に生息する
[PR]
by katsu-makalu | 2010-07-28 17:13 | Comments(0)