ミヤマフタバラン  '11.7.25

                   歩き始めて20分ほど、コケモモの群生の
                   中に一株を見つける。
                   一株見つけて目が慣れると、登山道沿い
                   200mほどの間に意外と多くの株があった。

ミヤマフタバラン (深山双葉蘭)
 ラン科フタバラン属
 亜高山の針葉樹林下に自生する多年草。
 互生した光沢のある2枚葉の間から茎を伸ばし
 2個から10個ほどの花をまばらにつける。
 茎に毛が生えているのも特徴。
d0168292_17473254.jpg
d0168292_17474519.jpg
d0168292_17475550.jpg
d0168292_1749759.jpg
d0168292_1749548.jpg
d0168292_17502152.jpg

こんな色の個体もあった
d0168292_175139.jpg
d0168292_17511554.jpg


まだ未見のフタバラン2種(タカネフタバラン・ヒメフタバラン)は今年は無理かしら…

                          明日はこの山で見た他の花です
                                         また あした・・・
[PR]
by katsu-makalu | 2011-07-30 17:54 | Comments(0)